株の売買履歴をブログで公開するリスク

株に関するブログをやっている人の中には、株の売買履歴をブログで公開する人がいます。こうすることで今どれだけの利益があるのか、はたまたどれだけの損があるのか紹介し、読者に信頼感を与える効果があります。こうしたブログを行っている人の中には、ここ数年負けたことがないとか、奇跡のようなタイミングが続きすぎているとか、その内容に疑いの目を向けざるを得ない場合があります。そうしたことを払しょくするためにあえて公開する人がおり、それを見て、本当なんだなと思わせ、メルマガを購読させて収入を得るということが可能になります。

しかし、こうした売買履歴を公開することは時にリスクを与えることとなります。1つは、税務署の税務調査です。公開する人の中にはかなり儲けている人もいます。そうした場合、本当に確定申告しているのかといったことを疑われ、税務調査が行われる可能性があります。株やFXのカリスマと言われていた人が巨額の脱税で告発されるという事件がたびたびありますが、実名を公表し、株やFXに関する話などをすると、それだけ税務調査のリスクを背負うことになります。次に、お前が買った株を俺も買ったら損をしたじゃないか、責任を取れという誹謗中傷、クレームです。本来、株などの投資は自己責任であり、その旨を伝えたとしても本来は問題ないのですが、そうしたことを認識していない人に対しては逆効果でしかなく、余計な恨みを買うことになります。いわゆる炎上に関し、どれだけのリスクを覚悟し、逆にどう利用していくかが問題となります。

ブログで公開することで親近感を与えるという効果もあり、メリットもデメリットもあると言えますが、リスク面で少し厳しい、大変そうと感じたのであればブログで公開するのは控えた方が得策です。